SSブログ
前の10件 | -

トレインフェスタ2021 [メルクリン 運転会]

2021052103.jpg
 今年も静岡のトレインフェスタの時期が来ました。今年は14日、15日の開催です。
昨年は新型コロナで全国的に緊急事態宣言だったため中止になりました。
 今年もまだ収束しないものの静岡県は頑張って持ちこたえていたので何とか開催する事ができました。
それでも静岡県側からいつ、自粛要請が来るか判らない状態での開催となりました。
 参加クラブの中でも、出展を辞退するクラブもあり、当クラブでも有志のみの参加となりました。

2021052101.jpg
 そんな中での開催でしたので感染予防は、徹底しており、来場者は事前予約制、しかも緊急事態宣言、まん延防止の出ている地区からの来場はご遠慮頂く等の対策がなされていました。
 また参加者には事前に、主催者側より抗原検査キットが送られて来て、陰性で有る事が条件とされ、毎日入場前には検温等がされ、万全の体制の下に行われました。

2021052102.jpg
 私も当日出掛ける前に検査をし、陰性で有る事を確認して参加しました。

2021052110.jpg
 当クラブも設営準備、及び撤収作業には応援が来てくれましたが、参加メンバーは3名でチョット寂しい線路配置になりましたがそれでも、昨年は中止になったので参加できた事は嬉しく思います。
 また、入場制限で入場者が少なかったにもかかわらず、多くの人が当クラブに足を止めて見て頂き、感心してくださって、ありがたい事でした。

2021052104.jpg
 参加メンバーは3名でしたが、HOはオーバル6線、LGBが1線で7編成が常に走り、何処のクラブよりも多くの列車を走らせていました。

2021052105.jpg
 今年もドーム駅に電飾

2021052106.jpg
 HiLoさんもダブルターテーブルで、いつもは子供たちが群がっていますが、今回は抑え目で

2021052107.jpg
 炎上ハウスも、前回は消し切らなかったので、放水を一つ増やしてパワーアップ、でも2日間順調に?炎上しました。

2021052111.jpg
 こちらでも延焼中

2021052109.jpg
 応援の消防車も駆けつけます。

2021052108.jpg
 ICEや
THALYSの列車

2021052112.jpg
 VT11.5の10両編成と7両編成の重連

 今年は新型コロナ禍の為、参加メンバーも少なく、遊園地や体験運転も出来ませんでしたが、昨年中止になった分、何とか開催出来てうれしかったです。
 来年こそは新型コロナも落ち着いてフルメンバーで、お客さんも大勢来てもらって開催できることを祈っています。
来年は今年は13日、14日の開催予定です。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR 140 024-1/37408 [Electoric Loco]

2021041806.jpg

 Orienteotの いわゆる、”よだれかけ”塗装のClass 140です。
2010年頃を表現しているとの事です。
 基本は貨物用ですが、まれに旅客列車にも使用されたようです。
 現在でも民間事業者に移管され現在でも活躍している様です。


 このモデルの最大の特徴はウエザリングされている事です。

昨年の秋の新製品で発表されましたが、ウエザリング機には目が無いので予約をして、やっと入線となりました。

2021041805.jpg
 Orienteotの色あせ感がとても良い雰囲気ですが、ここまで汚れていると廃車に近いかも。(笑)

2021041807.jpg
 屋根の上もしっかりと汚してあります。
パンタもファンクションで上下させることが出来ます。
ただ、以前初回したBR 110 116-1号機の様に、パンタグラフを、上げた時に跳ね返って上下するギミックはありません。

2021041808.jpg
 MHI製品ですので1
位側に運転士が最初から常務していました。
折角なので運転室の照明も欲しい所ですが前照灯を付けると光が漏れて室内灯が付いている様にも見えます。
後付けのパーツが汚れていないのでチョット目立ってしまっていますね。

2021041809.jpg
 印刷文字は汚れすぎてて読み取れません(笑)

2021041810.jpg
 こちらも、汚れを落とすところがチョット違うのでは?これでは読めません。

2021041801.jpg
 車軸への注油、ギヤボックスへのグリスは40時間ごとと指示がされています。

2021041804.jpg
 デコーダや基盤、スピーカ、モータ等は
以前紹介したBR 110 116-1号機と同じ様ですね。
 違いはこのモデルには大きなキャパシタが付けられています。電源を落としても少し音が鳴っていますので、線路の汚れには多少強くなっているかもしれません。

 
ファンクションもf0からf26までと豊富です。音量も十分です。

 音はBR 110.1とほぼ同じですが、こちらは主に貨物用と言う所で、若干違うところもあります。

f0 ヘッドライト(s)
f1 2側パンタグラフ制御
f2 機関車の機会音
f3 機関車の汽笛
f4 1側パンタグラフ制御
f5 ブレーキの鳴き声オフ
f6 2側標識灯消灯
f7 切り替え操作時の汽笛
f8 1側標識灯消灯
f9 ABV OFF
f10 ブロアーモーター
f11 車掌用ホイッスル
f12 コンプレッサー
f13 エアブロー音
f14 サンディング
f15 短いブレーキ音
f16 スイッチングライト+入替速度
f17 SIFA警告
f18 砂の補給音
f19 駅の周囲の音
f20 カプラーの接続音
f21 カプラーを外す音
f22 駅のアナウンス
f23 ドアが閉まる音
f24 ワイパー作動音
f25 高速ブロワーモーター
f26 リレーのクリック音

2021041803.jpg
2021041802.jpg
 パンタグラフを昇降させるサーボです。最近のメルクリンと同様にサーボモータのホーンのテグスにより動作させる様になっており確実に動作します。
 何故か片方には抵抗が挿入されています。
 畳んだ時に少し引っ張りすぎな為か、パンタグラフが少しナナメになってしまいます。
 やはりCV値で位置を調整したいところです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Type Pwg Pr 14 Freight Train Baggage Car /46986 [Freigt Cars]

2021032801.jpg

 Type Pwg Pr 14の貨物列車の手荷物車です。

日本の国鉄で言うとヨ5000等に相当する貨物列車では定番の車両です。
 昨年夏の新製品です。標識灯、サウンド付きという事で、京都の孫の所に行ったついでに入線となりました。

 実車はEpⅠからEpⅢまで細かな修正をされ、このモデルは1959年頃の姿で表現されています。

2021032803.jpg
 EpⅢの時代なので尾灯はオイルランプでこちら側は赤いガラスが
2021032804.jpg
 こちら側は透明なガラスで表現されています。

2021032805.jpg
 扉は開閉する事が出来、中にはストーブらしきものがあります。
当時荷物室としてはほとんど使用されず、長距離貨物列車の鉄道員の移動の為の休憩室として利用されていた様です。

2021032811.jpg
2021032812.jpg
 デコーダとスピーカーは執務室内にあり、音量は十分でf0からf20までファンクションがあります。
 トイレには錘?が積んで有ります。
鉄道員の移動の為の休憩室として使用されていた為か、サウンドはお互いの会話等が多くあります。
 中にはトイレで用を足す音やトイレを流す音(当時水洗だった?)があります。面白いですね。
 f20は走行音ですのでサウンドの無い機関車の後ろに連結しても良いかもしれません。
 実際この車両は主に機関車の直ぐ後ろに連結されていた事が多いようです。
そうなると尾灯は必要なくなってしまいますね。

2021032802.jpg
 当社には元々品番4889の Type Pwg Pr 14が在籍しており、ウエザリングが施してあります。
46986はバッファが金属製になっています。

2021032806.jpg
 46986の尾灯には目立ちませんがアップにすると、配線の基盤が見えていますのでチョット塗装してあげた方が良いかも。

 またオイルランプの側面には赤白の塗装がしてあるはずなので時間があったら塗ってみようかな

2021032809.jpg

 品番4889の方が多少、表記が新しいかもしれません。

2021032808.jpg
2021032810.jpg

 車輪のサスペンション、車軸のベアリングにも違いが有ります。
床下にはガス灯用の石油ガスタンクが有るそうで、46986はGas420リットル 4889の方はGas500リットル と表記が有ります。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

名古屋メルぽっぽクラブ2021年1月定例運転会 [メルクリン 運転会]

2021022701.jpg

 時間がたってしまいましたが、2021年1月30,31日の運転会の様子です。
緊急事態宣言中での開催でしたが、公共交通機関を利用せず、広い会場での開催で、感染予防対策をしっかり行いました。

 新年会も予定していましたが残念ながら、キャンセルです。

それでも何時ものメンバーで楽しく開催する事が出来ました。早く日常が戻って欲しいですね。


2021022707.jpg

今回は線路を牽くメンバーが少なかったので、会長は架線を大量に、私も久しぶりに架線を設置しました。

2021022702.jpg

 前回のブログで紹介した、チェコスロバキアの赤い機関車、パンタグラフが心配でしたが、快調に走りました。


2021022711.jpg

 DRの客車にDRの食堂車を増結


2021022705.jpg

 TEEはいつ見てもカッコイイ


2021022703.jpg

 BR59のウエザリング、渋い

2021022706.jpg

 ながら運転はいかんがや、


2021022704.jpg

 アナログの自動シャトル運転、こんなのが有るのを初めて知りました。

メルクリン凄い


2021022710.jpg

 ICEいっぱい、架線もいっぱい


2021022708.jpg

 たまには、こういう事もあるよね


2021022709.jpg

 多、たまには

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ČSD Class S 499 / PIKO 51383 [Electoric Loco]

2021012403.jpg

 チェコスロバキア国鉄のClass S 499 ”Laminátka” シュコダ社製の電気機関車です。
ČSDは守備範囲外ですが、愛嬌のある顔立ちと塗装の派手さで入線しました。


2021012406.jpg
 運転席の大きな窓と運転室ドアの楕円形の窓が特徴的です。
運転室の室内灯も点灯します。運転士さんにも、もちろん乗務してもらいます。

2021012404.jpg

 パンタグラフも細く表現されています。架線に当てて走らすのが怖いです。

2021012405.jpg

 エンジンルームのライトも点きます。
 作業灯はちゃんとライトの部分が光ります。台車の表現も細かいです。
 最近のPIKOの製品はとても細部にこだわっています。その分、取り扱い注意です。

2021012401.jpg
 デコーダは
PIKO SmartDecoder 4.1です。
 mfxにも対応していますが、mfxだとファンクションがf0~F15までしか認識しません。

 また、バグがあるせいか、ファンクションのマッピングがずれたり、重複したり、まだまだ問題が有りそうです。
 ECoSでもmfxが有効だと先にM4として読み込んでしまうので、一旦、M4を無効にして付属の説明書には書いてありませんがCV12のBit5を"0"にするとデコーダのmfxが無効になります。

 今回の
PIKO SmartDecoder はRailComにも対応しているのでECoSでは自動でデコーダのマッピングを読み込んでくれるので楽です。

 ファンクションはF28までと豊富です。
F0 前後標識灯
F1 走行モータ音
F2 ホーン 
F3 台車作業灯
F4 キャブライト 
F5 エンジンルーム灯 
F6 ヘッドライト 
F7 ギアの切り替え
F8 ハイビーム
F9 尾灯オフ 
F10 前照灯オフ 
F11 サウンドボリューム調整
F12 全サウンドミュート 
F13 ホイッスル 
F14 フロントガラスワイパー音 
F15 補助空気圧縮機 
F16 エアーコンプレッサー 
F17 ファンベンチレーター 
F18 メインスイッチ 
F19 パンタグラフ作動音
F20 ラジオ無線1
F21 ラジオ無線2
F22 キャブウィンドウ開閉音 
F23 キャブドア 開閉音
F24 エンジンルームドア開閉音
F25 カップリング 
F26 カーブ軋み音
F27 レール継目音
F28 砂散布音

2021012402.jpg
 モータにはフライホイールが二個有り低速でもスムーズにに走行します。
 スピーカーも大きく音量も十分です。
 シャーシの下には作業灯用の基板が見えます。
今年の新製品、Cargoのブルー塗装も気になります。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

5 Years & 15 Years of Insider Car /46005 94339 [Freigt Cars]

2020122501.jpg

 メルクリンのInsider会員になって5年目と15年目に買う事が出来る貨車です。

ドイツ語版のInsider会員になって5年目、英語版のInsider会員になって15年目です。
 ドイツ語版の方が内容が多い為、途中からドイツ語版のInsider会員にもなりました。

ドイツ語版が130ページに対して、英語版では59ページです。

2020122502.jpg
 MARKLINの文字が入ったVWのバンがキュートです。


2020122503.jpg

2020122505.jpg

 こちらは15年目のコンテナ貨車です。

なぜか、1993年から2008年のインサイダー貨車が印刷されています。

反対側が2001年から2008年の貨車が印刷されています。

2020122506.jpg

 貨車の左端にMARKRIN/insaiderの文字が


2020122504.jpg

 5年目の証明書はドイツ語、15年目の証明書は英語で書かれていますね


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

名古屋メルぽっぽクラブ2020年11月公開定例運転会 [メルクリン 運転会]

2020113006.jpg

 11月22日、23日は渋川での運転会でした。
私は前回の運転会は仕事の為、出席できず半年ぶりの参加になりました。
 メルぽっぽクラブは今年最後の運転会になりますので、夜は静かに忘年会も開催しました。
今回は立体交差、鉄橋がたくさんあり賑やかな線路配置になっています。


2020113001.jpg

 久しぶりにBigBoyの登場

2020113003.jpg

 94型、渋いですね。


2020113016.jpg

 スイスの子鰐

2020113005.jpg
 新製品のTEE RAm Edelweiss 重量感が有って素晴らしい!

2020113015.jpg
 TEE RAe Ciselpin との共演

2020113014.jpg
 TEE V11.5との共演


2020113004.jpg

 ICE3 403と407の共演


2020113012.jpg

2020113013.jpg2020113011.jpg2020113010.jpg2020113009.jpg

 各車、テーブルランプの比較


2020113002.jpg

 NSのICM 重連で


2020113007.jpg

 CDのVectron

2020113008.jpg

 今回はアメリカ、スイス、チェコ、オランダ、ドイツと多国籍の車両が集まり久しぶりの運転会で楽しい2日間でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Beer Car "Brauhaus Riegele Augsburg" /94090 [Beer Cars]

2020091301.jpg

 久しぶりにビール貨車です。

 リゲーレ ピルスのビール貨車です。

ドイツ南部のアウグスブルグにある老舗醸造所リーゲレのヨーロッパで最高のピルスで、21ヶ国88人の審査員からなるヨーロピアンビアスターで高い評価を受けたそうです。

 伝統的な味を守り育てるトラディッションラインAugsburger Herren pilsです。

 ちょっとアルコール度が低めですが、爽やかでスッキリとした苦味の飲み口が特徴です。


2020091302.jpg

モデルは4415ベースで、色々調べたのですが、発売時期等、解りませんでした


2020091303.jpg

 Ichqrs 377の冷凍貨車です。

 セバスチャン・リゲーレさん?の姿が描かれています。


2020091304.jpg

 

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

BR 110.1 /37110 [Electoric Loco]

2020081601.jpg

 タルキスカラーの BR 110 116-1号機です。
 今年のカタログを見ていて、目に留まりタルキスカラーの機関車は古い150型しかなかったので欲しくなりました。
 2018年のMHI製品でしたが、尾久のお店に1台だけ在庫が有るという事で、お国からの補助金もあり、入線となりました。

 もちろんmfx+ですのでフルサウンドで、パンタもファンクションで上下させることが出来ます。


2020081202.jpg

 パンタグラフがファンクションで上下し、上げた時に跳ね返って上下するギミックがあるのですが、実際に架線があると上下する前に架線にパンタが当たり止まってしまいます。
 構造上、架線を揺らすほど強くないので、このギミックは残念ながら余り効果がありません。サーボで動作させているので動作量をCV値で調整すれば良いと思うのですが、どこを調整すれば良いのかが判りません。


2020081203.jpg

2020081602.jpg

 1位側には運転士が最初から常務しています。また1位側は3灯で、2位側は5灯になっています。

なぜでしょうか?プロトタイプだから?

せっかく運転士が常務しているので、室内灯も点くと良いのですが…


2020081603.jpg

 所属はフランクフルトですね。


2020081201.jpg

 やはりタルキスカラーの客車が似合います。


2020081204.jpg

 車軸への注油、ギヤボックスへのグリスは40時間ごとと指示がされています。

 ファンクションもf0からf26までと豊富です。音量も十分です。よく判らない音も有りますが…

F0 ヘッドライト/レッドマーカーランプ
F1 パンタグラフ2 上げ/下げ
F2 機関音 
F3 汽笛
F4 パンタグラフ1 上げ/下げ
F5 ブレーキスキール音OFF
F6 ヘッドライト キャブ 2側 OFF
F7 切り替え笛
F8 ヘッドライト キャブ 1側 OFF
F9 ABV OFF
F10 ブロワー1
F11 車掌の笛 
F12 コンプレッサー音
F13 エアブロー音
F14 サンディング
F15 ブレーキスキール音OFF
F16 スイッチングライト+入替速度
F17 SIFA警告
F18 駅アナウンス 1
F19 駅アナウンス 2
F20 キャブラジオ
F21 ドアが閉音
F22 周囲の音。車両の積み込み
F23 ワイパー音
F24 ブロワー2
F25 ブロワー3
F26 リレー音
F5とF15のブレーキスキール音OFFの機能は「ワールド・オブ・オペレーション」の場合のみ、移動しない(マップしない)。という事みたいですが、よく判りません。F5オンだと完全にブレーキスキール音はOFFになります。F15オンだと最初だけブレーキスキール音がします。よく解らない機能です。


2020081205.jpg

 パンタグラフを昇降させるサーボです。最近のメルクリンと同様にサーボモータのホーンのテグスにより動作させる様になっており確実に動作します。
 今回のモデルでは菱形パンタの両方を引っ張っているので、以前のBR144みたいに畳んだ時に傾く事が無くなりました。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

CD 193 293 /ROCO 79912 [Electoric Loco]

2020071805.jpg

 ROCOの CD193 Vectronです。

弊社ではすでに、PIKO Marklinと2台在籍していますが今回、ROCO製が入線して3台体制になりました。

 3社三様で同じSIEMENS Vectronですが、それぞれ特徴があり興味深いです。

 この機関車は昨年の1月にドイツの模型店より入線していましたが、Marklinの青いチェコの客車が昨年秋やっと入線したので先日の運転会でやっとデビューとなりました。


2020071807.jpg

 パンダ4個の4電源仕様です。


2020071810.jpg

2020071811.jpg

 プラハ、ドレスデン、ベルリン、ハンブルグまでの運行でそれぞれの都市の絵が印刷されていて、青い客車に似合っています。


2020071808.jpg

2020071809.jpg

 チェコのVectron 193はドイツ在住の友人によると

193 290 Tedík 
193 291 Linda 
193 292 Ronka 
193 293 Frantíček 
193 294 Matěj
193 295 Kačenka
193 296 Maxl 
193 297 Seppl 
193 298 Fidorka

 とそれそれに洗礼名が書かれているそうです。

193 293号機は 例外的に1位側が193 293 František で2位側が Frantíčekと異なっています。

 sとcの上にvみたいな記号(ハーチェクというらしいです)sにつくとシュ、cにつくとチュになるそうです。

 iの上の記号(チャーチルカ)もよく見ると”.”と”," で違います。  

フランティシェク フランティーチェクという感じだそうです。

 模型でも忠実に再現されている所はさすがROCOという事でしょうか。なぜ違うのかは判りませんが。
2020071812.jpg
 デコーダはZimo社製サウンドデコーダだと思われます。
ファンクションはf0からf24まであります。レールの継ぎ目音もありますが、走っていない時もガタン、ガタンと音がするのは愛嬌です。
レールのきしみ音もありますがチョット微妙です。
 でも走行音のインバーター音は素晴らしいです。
2020071813.jpg
 モータの両側には大きなフライホイールが有り、低速から安定した走りを見せます。
スピーカは小さいですが音量は十分です。
2020071806.jpg
  架線がずれているのは気にしないで下さい(笑)
2020071801.jpg
 EC256 193 293 on June 14, 2020 at Dresden Hbf  line 12.

ドイツ在住の友人が撮影した193 Vectronです。


2020071804.jpg

 2013年に妻とドイツに行った際、ドレスデンからベルリンまで乗ったチェコの青いEC178です。

当時は赤いBR101が牽引していました。


2020071814.jpg

 1等のジャーマンレイルパスが有りましたが


2020071802.jpg

 当然、チェコ料理店に…


2020071815.jpg

 ビールは当然ピルスナーウルケル、まあるい照明がDBドイツ料理店とは違った雰囲気を出してくれます。

 メルクリンでチェコの青い食堂車リリースしてくれないかなあ



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。